【完売しました】ササニシキ 白米2kg|山形県高畠町 おきたま興農舎産 特別栽培米

¥1,800 (税・送料込)

在庫切れ

【完売しました】ササニシキ 白米2kg|山形県高畠町 おきたま興農舎産 特別栽培米

品種特徴

生産者紹介:おきたま興農舎

おきたま耕農舎さんは1980年代に同じ志を持っ11人の農家さんが集まって興した農業法人です。

その方針は「土が良ければ美味しい作物が育つ」というもの。 

最近注目されている有機栽培や自然栽培ですが、おきたま耕農舎さんはなんと20年以上前から極力農薬や化学肥料を使わない栽培方法を取り入れ、今日まで実践してきました。

お米だけでなく果物や野菜など、「人の口に入る農作物は美味しくて体に良い物を提供する」という考えを共にする農家さんたちが、20年以上至る情報の共有や試行錯誤を繰り返し、日夜農作業に勤しんでいます。 

産地紹介:山形県高畠町

高畠町は山形県の南東に位置し、宮城県と福島県に接している山あいの盆地です。

高畑町はその土地柄、山の恵みである清らかな水と栄養豊かな土壌に恵まれ、山形県の中でも有数の昼夜の寒暖差が大きい気候が作用し、農作物や果物が美味しく育つ環境が整っています。

そのため古くから農業が盛んな地域で、縄文時代の遺跡も多く見られたり、江戸時代には近くを流れる最上川の水運で江戸に農作物が運ばれるなど、先人たちの時代から農業が営まれてきた歴史的な土地でもあります。

ぶどうのデラウェアの生産量は日本一を誇り、ワイナリーも多く、一般的にはフルーツの街として人気が高い高畑町ですが、お米や野菜など、農作物全般の評価が山形県内でも高い地域です。

山あいでは、りんご、ぶどう、ラ・フランス、さくらんぼ等の果物を、盆地部分の平地では野菜やお米などを栽培していて、町のどこを見ても美味しい農作物で囲まれている素敵な土地です。

 

お米マイスターから一言

 

ササニシキは1990年代まではコシヒカリと並び米の横綱と呼ばれていました。味は非常にさっぱりしており、粘りも少なく、和食のように繊細な料理の邪魔をしない、まさに日本人にピッタリの品種です。

たくさん食べても食べ飽きたり胃もたれを起こすこともなく「お米の好きな人は最終的にササニシキに戻ってくる」と言われるほど、根強い人気がある品種です。

ササニシキに合う料理は何?

品種名

ササニシキ

ササニシキ

ササニシキ

農薬の使用を控えた、特別栽培米のササニシキです

粘りが控えめの
「すっきり」 タイプ

 お米の甘さ ・・・
4.8/5
 お米の粘り ・・・
2.8/5
料理との相性 ・・・
5/5
オススメ

ササニシキについて、お米マイスターからの一言​

ササニシキは1990年代まではコシヒカリと並び米の横綱と呼ばれていました。味は非常にさっぱりしており、粘りも少なく、和食のように繊細な料理の邪魔をしない、まさに日本人にピッタリの品種です。たくさん食べても食べ飽きたり胃もたれを起こすこともなく「お米の好きな人は最終的にササニシキに戻ってくる」と言われるほど、根強い人気がある品種です。

ご注文いただいてから精米します

ご注文頂いてから精米しています

お米は精米した瞬間から食味が落ちていきます。

精米したての鮮度の良いお米を召し上がって頂けるよう、その日のご注文内容に必要な数量のみを精米しています。多めに精米して、白米で取り置くことはしていません。

ササニシキを炊く時の水加減は?

ササニシキは通常の水加減で炊くと、柔らかめに炊きあがります。

そのため、粘りが控えめな品種ですが、意外と粘りを感じる場合もあります。寿司用など、パラッとした感じに炊きたい時は、水加減控えめがオススメです。

ササニシキに合う料理:お寿司

ササニシキは、かつての名品種らしく、ご飯だけ食べても十分においしいのですが、おかずと一緒に食べると、さらに美味しくなるタイプのお米の代表格です。ササニシキは冷めても味が落ちづらいので、お弁当やおにぎり、お寿司に最適です。ササニシキのサッパリした味わいは素材の味を邪魔しませんので、和食のおかずを楽しむことに、とても向いています。特に、魚料理との相性は抜群で、刺身でも焼き魚でもよく合います。また、粘りが少なく口当たりも軽いので、炊き込みご飯や土鍋ご飯、チャーハンやオムライス、丼ものなど「お米が主役の料理」にもおススメですし、中華料理のような油っ気の強い料理でも、ササニシキのスッキリした食感が油を中和してくれて、どんどん食がすすみます。和・洋・中のどんな料理とでも楽しめる。それが、ササニシキの最大の魅力です。

尾形米穀店の理念:「食卓に笑顔を」

尾形米穀店では「食卓に笑顔を」という理念を掲げています。美味しいお米を食べると、人は自然と笑顔になりますよね。そして、一緒に食卓を囲む家族や友人との会話が楽しければ、さらに笑顔になります。今、精米しているこのお米を食べる人に「美味しい!」ともらいたい。そして、お米と通じて、笑顔で食卓を囲める家族を1件でも多く増やしたい……そんな気持ちで、毎日お米を精米しています。そして「食卓に笑顔を」増やすために私達がオススメしているのが「お米の食べ比べ」です。